Search
   ホーム       記事サポート       ニュース       ダウンロード       読者アンケート       メルマガ       バックナンバ       CQ出版社   

 

 

 

面白い製品が見つかる!
匠たちの技術が読める!
匠たちの部屋(旧ECN)
 
ホーム > 訂正とおわび > 2016年 > 6月号p.102コラム訂正 node-red-contrib-gpioのインストール方法

node-red-contrib-gpioのインストール方法

 Node-REDでは,ラズベリー・パイのI2Cをサポートするノードがありませんが,contrib-gpioノードをインストールすればI2Cを利用できます.
 ラズベリー・パイにnode-red-contrib-gpioをインストールする場合,そのままインストールしようとしても,既存のGPIOライブラリとバッティングするためか,うまくいきません.
 RaspberryPiへnode-red-contrib-gpioをインストールする場合は,以下のように行ってください.

1)既存のNode-REDやnode.jsを削除
sudo apt-get remove nodered
sudo apt-get remove nodejs nodejs-legacy
sudo apt-get remove npm # if you installed npm

2)新しいnode.jsをインストール
curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_4.x | sudo bash -
sudo apt-get install -y build-essential python-rpi.gpio nodejs

3)Node-REDをインストール
sudo npm cache clean
sudo npm install -g --unsafe-perm node-red

4)nrgpioをインストール
sudo apt-get update && sudo apt-get install python-rpi.gpio
ここで,
sudo visudo
とコマンドを入力して設定ファイルを開き,一番下の行に以下の行を追加します.
NodeREDusername ALL=(ALL) NOPASSWD: /usr/bin/python

5)node-red-contrib-gpioとRaspberryPi用のI/Oプラグインをインストール
sudo npm install -g --unsafe-perm node-red-contrib-gpio
sudo npm install -g --unsafe-perm raspi-io
-gオプションをつけて、グローバル・インストールするようにしてください.

▲Node-REDの起動
 以後,Node-REDを起動するときは以下のコマンドを入力してください.
sudo node-red
sudoするのは,GPIOノードでWiringPiにアクセスするときに権限が必要だからです.GPIOノードを使わないなら,sudoは不要です.
 以上で,Windowsパソコンに繋いだArduinoのGPIOピンを使うとき,Raspberry PiのGPIOピンを使うとき,RaspberryPiに繋いだArduinoのGPIOピンを使うとき,どれも同じGPIOノードが利用できるようになります.

雑誌/書籍のご購入

CQ出版WebShop 定期刊行物の年間予約購読

セミナ案内/イベント情報

オンライン・サービス

メール・マガジン「トラ技便り」配信登録 オンライン・サポート・サイト CQ connect

特設ページ

Loading