Search
 
ホーム > 記事サポート > 2011年 > 自分だけのパソコン計測の部屋

連載「自分だけのパソコン計測」の更新情報

自分だけのパソコン計測の部屋

パソコンをワンクリックするだけで,電子回路から希望の信号を入出力したい

 電子回路を使った実験や計測を行うには,パソコンを活用したいものです.グラフィカルなプログラムをクリックするだけで,USB接続で電子回路から希望の信号を自動入出力できれば,たいへん便利です.そのような「自分だけのパソコン計測(PC計測)」を行うためには以下の五つの要素が必要です.


パソコン上で動くグラフィカルなプログラム
パソコンから自作のUSBアダプタを認識させるためのUSBデバイス・ドライバ
USBマイコン,あるいはUSB通信が行えるマイコン基板
USB通信処理を含むマイコン・プログラム
自分が計測したいものをつなぐためのマイコン周辺回路

 

すぐに「パソコン計測」が始められる連載を開始
 そこでトランジスタ技術では,ワンクリック自動計測がすぐに試してみられるように,連載「自分だけのパソコン計測」を始めました.


 ★USBに挿すだけで使えるH8SX/1655マイコン基板(増刊『今すぐ使える!H8マイコン基板』付属基板,あるいは同等品)を使用(

 ★プログラム(①②④)は本誌ウェブ・サイトからダウンロード可能

 ★プログラム(①④)は,無償の開発環境(マイクロソフトVisual Studio ExpressやH8マイコン開発環境HEW評価版)で改造可能

 ★マイコン周辺回路()の作成方法やプログラムによる計測上の制約などは連載で解説

 ★USBデバイス・ドライバ() の作成方法を理解したい場合は関連記事(2010年1月号)を参照可能

 

 本サイトでは「自分だけのパソコン計測」の関連情報を紹介していきます.パソコンとUSBマイコン,USBインターフェースを使った試験・計測システムの基本が分かります. 

 

関連情報
★筆者セミナ「パソコンで操るUSB入出力装置の作り方 [講師による実演付き]」(2010年9月5日,東京・巣鴨)   おかげさまでぶじ終了しました.


★関連記事:USB通信部分の解説はこちら

 2010年1月号 特集「USBマイコン徹底活用」 

 

[増刊]今すぐ使えるセンシングUSBマイコン基板

  USB PICマイコンと高性能24ビットA-Dコンバータを搭載した臨時増刊『今すぐ使える!センシングUSBマイコン基板[24ビットA-Dコンバータ&PIC搭載]』を企画しました.付属CD-ROMにパソコン計測用のアプリケーション・ソフトウェアが収録されており,インストールするだけで簡単に始められます.
 A-Dコンバータにはゲインを設定できるアンプやリファレンス電源が内蔵してあるので,いろいろなセンサを直接つないでデータ収集できます.


●[増刊]『今すぐ使える パソコン計測USBマイコン基板
 ~24ビットA-Dコンバータ&PIC搭載!データ収集ソフト付き!~
 好評発売中!


 サポート・ページ

Loading

雑誌/書籍のご購入

CQ出版WebShop 定期刊行物の年間予約購読

セミナ案内/イベント情報

オンライン・サービス

メール・マガジン「トラ技便り」配信登録 オンライン・サポート・サイト CQ connect

特設ページ


基本電子部品大事典 

トラ技ジュニアのご案内

トラ技ジュニア 先生向け実務教育応援プロジェクトのご案内

Interfaceのご案内


特設ページ「お手本! トランジスタ&定番IC 回路見本市」へのリンク