Search

 

 

 

面白い製品が見つかる!
匠たちの技術が読める!
匠たちの部屋(旧ECN)
ホーム > 記事サポート > 2016年 > プリント基板電子工作 > 電波スキャナ組み立て方法
 

電波スキャナ組み立て方法

特徴

 電波スキャナ・キットは,目に見えない電磁波が存在するかチェックするためのボードです.
 伝送路にこのボードをかざすと信号の有無や向き,反射が悪い場合の定在波の有無もわかります.LEDが光る方向が信号源となります.強い電磁波が存在する場合,机の置いておくだけで勝手にピカピカ光ります.
 携帯やスマホ,Wi-Fi,Bluetoothなどにも反応します.

 写真の例はPiレシーバ拡張ボードのFPGAとA-Dコンバータ間の伝送路を見ています.
 詳しくは,本誌2016年7月号,特集の第4章「パターン・アンテナ&LEDで作る500円ワンコイン電波スキャナ」 を参照してください.お求めはこちらから

組み立て方法

 電波スキャナは表面実装部品だけで構成された組み立てキットです.
 表面実装部品のはんだ付けに慣れていない方は,十分に注意して作業をすすめてください.
 各部品のレイアウトは,次の通りです.


 ダイオードとLED,ICには向きがあるので注意して配線してください. ダイオードの向きは顕微鏡がないと目で確認しにくいため,ディジタル・マルチメータで向きを確認するとよいでしょう.
 LEDもディジタル・マルチメータで向きを確認できますが,よく見ると下のように向きを判別できます.


動作確認

 USBから電源を供給します.
 下の写真の「アンテナ」部分を何か電磁波の発生源に近づけると反応してLEDが点灯します.感度の高い領域は500M~1GHzですが,100M~2.5GHzまで反応します.


 身近に確認できるものとして次のものがあります.
・携帯,スマートフォン(電波が強いため1mくらい離れていても光る)
・ワイヤレス・マウスなどBluetooth機器
・Wi-Fiのアンテナ部分
・電子レンジの近く
・ディスプレイの表面

 実用的な使い方としては次がおすすめです.
・伝送路の信号の有無や向き,定在波の確認
・アンテナ,送信機の動作確認
・べたパターンに発生した定在波の位置
・ノート・パソコンなど無線機器のアンテナ位置の探索

 部品のばらつきによって左右の感度が異なる場合があります.特にGN1021のゲインのばらつきが大きいため.気になる場合はR16またはR26の値をわずかに微調整することで改善できます.

雑誌/書籍のご購入

CQ出版WebShop 定期刊行物の年間予約購読

セミナ案内/イベント情報

オンライン・サービス

メール・マガジン「トラ技便り」配信登録 オンライン・サポート・サイト CQ connect

特設ページ

基本電子部品大事典 

トラ技ジュニアのご案内

トラ技ジュニア 先生向け実務教育応援プロジェクトのご案内

Interfaceのご案内


特設ページ「お手本! トランジスタ&定番IC 回路見本市」へのリンク

Loading