Search
   ハイパー測定器の製作   
  
  
   バーチャル回路マシンLTspice   
  
  
   テスタ1丁電子工作   
  
  
   アナログウェア   
  
  
   Piデュイーノ電子工作   
  
  
   電波解読マシンPiラジオ   

 

 

 

面白い製品が見つかる!
匠たちの技術が読める!
匠たちの部屋(旧ECN)
ホーム > 記事サポート > 2017年 > 電波解読マシンPiラジオ
 

Piラジオの紹介

●50M~2GHzの電波をラズベリー・パイのソフトウェアで受信!
 トランジスタ技術2017年1月号特集「電波解読マシンPiラジオの製作」で,特集記事のために開発しました。
・USBのモバイル・バッテリでスタンドアロン動作
・受信周波数:50M~2GHz
・受信帯域幅:30MHz,1.56MHz,48kHzから選択
・受信レベル:-120~-30dBm
・復調方式:NarrowFM(帯域48k~8kHz),AM(48k~8kHz)
※帯域幅,復調方式などはソフトウェアで決まるので,現バージョンでの参考仕様です.

 Linuxコンピュータ・ボード,ラズベリー・パイ3でソフトウェア無線(Software Defined Radio)を動かします.高周波回路はラズベリー・パイ3の上に載る「2GHz Piレシーバ拡張ボード」にまとめ,扱いやすいケースに収めました.
  回路やソフトウェアについてはトランジスタ技術2017年1月号の特集記事も参照ください!
 
 
開発者のウェブ・ページで使い方を紹介しています.
Radiun.net 左側メニューの「PiRadio解説」を参照してください.

★2017年1月号特集記事ではPiラジオと八木アンテナを組み合わせて気象衛星NOAAの電波を受信!
 

★Piラジオは帯域幅最大30MHzのスペアナ機能を持ちます
 


抽選で1名様にPiラジオ・フルキットをプレゼント!
 読者アンケートのページからご応募ください


Piラジオ・フルキット
 12月27日発売開始! CQWebショップ直販のみ 限定生産 10万円(税別)
 Piラジオ・フルキット組み立て方法
 販売ページ
 
  
▲キット内容
・2GHz Piレシーバ拡張ボード
・ラズベリー・パイ3
・5インチHDMI入力800x480液晶
・穴あけ加工済み表パネル/内部パネル
・ロータリ・エンコーダ
・その他スイッチ,コネクタ,ハンドルなど機構部品一式
★モバイル・バッテリ,配線材,microSDカードは含みません.
★はんだ付け,ソフトウェアのセットアップが必要です.

2GHz Piレシーバ拡張基板
 Piラジオのハードウェア部分を単体販売!
12月16日販売開始! CQWebショップ直販のみ 限定生産 64,000円(税別)
 販売ページ

 

 
▲搭載デバイス
 ロー・ノイズ・アンプ:HMC599(アナログ・デバイセズ)
I/Q復調器:ADL5387(アナログ・デバイセズ)
PLLシンセサイザ:ADF4351(アナログ・デバイセズ)
ベースバンド・アンプ:ADA4940(アナログ・デバイセズ)
A-Dコンバータ:AD9218(アナログ・デバイセズ)
FPGA:Cyclone IV EP4CE6E22I7N(インテル)
▲FPGAのコンフィグレーション・データ書き込み済み
▲入力だけでなく,ローカル周波数の出力(無変調出力)が可能です

Piラジオのソース・コード

FPGAのソースコード,Piラジオのソースコード,簡易マニュアル

開発者のウェブ・ページで最新版が入手可能です.
Radiun.net

設計者によるセミナ

Piラジオを使ったソフトウェア・ラジオの可能性と実装方法を学ぶ
セミナ案内ページ ←申し込みもこちらのページから
開催日:2017年2月11日(土) 10:00-17:00
受講料:19,000円(税込)
 会場:東京・巣鴨 CQ出版社セミナ・ルーム(地図) 
※弊社は2016年5月に移転しています.最寄り駅は変わらず巣鴨駅です.
※セミナ会場の入り口は,正面玄関ではなく,左側面の入り口になります.

セミナ会場でPiラジオ・フルキットを10%引きで販売します!

雑誌/書籍のご購入

CQ出版WebShop 定期刊行物の年間予約購読

セミナ案内/イベント情報

オンライン・サービス

メール・マガジン「トラ技便り」配信登録 オンライン・サポート・サイト CQ connect

特設ページ

基本電子部品大事典 

トラ技ジュニアのご案内

トラ技ジュニア 先生向け実務教育応援プロジェクトのご案内

Interfaceのご案内


特設ページ「お手本! トランジスタ&定番IC 回路見本市」へのリンク

Loading