Search

 

 

 

面白い製品が見つかる!
匠たちの技術が読める!
匠たちの部屋(旧ECN)
 

必要なシステムと準備

付属基板にプログラムを書き込んで動作させるためには,USB 2.0インターフェースをもつパソコン・システムが必須です.
また,付属基板のUSBポートは仮想COMポートとして動作するので,使用するパソコンに仮想COMポート・ドライバが,付属基板上のMCU内蔵のフラッシュ・メモリにプログラムを書き込むためのFlashMagicも必要となります.
さらに,プログラムを開発するときは,統合開発環境も必要になってきます.
これらのソフトウェアは,インターネットから無料でダウンロードできます.

(1)ハードウェアを準備する

本書で紹介するソフトウェアを動作させるには,Maryシステムの中核となるMB基板が少なくとも1枚必要ですが,さらに,開発ツール類を動作させるためにはWindowsパソコンが必要になります.
筆者は,Windows7(32ビット版)で動作確認しています.パソコンと付属基板とは,USBケーブルで接続します.
LPC-Link機能を利用してプログラムを開発するときに,LPCXpresso を使用します.(注:LPC-Linkがなくてもプログラム開発は可能です.)
ハードウェアの詳細はこちらをご覧ください.

詳細を見る

(2)プログラム・データ類一式をダウンロードする(CQ.zip)

プログラム・データ一式を含むファイルを用意しました.
  ファイル名:CQ.zip
右のダウンロードボタンをクリックして、圧縮ファイルをダウンロードして,解凍してご利用ください.ファイル類は,LPC1114フォルダが下記の階層になるように,Cドライブに置いてください.本書では,この階層にプログラム・データが置かれていることを前提として,動作確認および解説をしています.
  C:\CQ\LPC1114\...


*重要なお知らせ*

このダウンロード・ボタンで落とせるファイルCQ.zipはOLEDの表示問題対策(http://toragi.cqpub.co.jp/tabid/467/Default.aspxのFAQ4)を全プロジェクトに対して適用したものです.詳細は,C:\CQ\LPC1114\readme以下のPDFファイルを参照ください.

また,MARYのソース・コードからGPLライセンスをはずしました.個人利用・教育用途に限り,ご自由にお使いください.

 

ダウンロード

(3)ドライバをインストールする

付属基板に搭載されているUSBブリッジIC CP2104(Silicon Laboratories)のUSBドライバ【Silicon Labs CP210x USB to UART Bridge】をメーカーのホームページからダウンロードし,インストールします.

メーカーホームページは,http://www.silabs.com/ です.

すでに使用しているパソコンでこのUSBドライバがインストール済みであれば,あらためてインストールし直す必要はありません.

インストールの最初の時点では,まだ付属基板MBをパソコンに接続しないでください.

詳細を見る

(4)フラッシュ書き込みツールFlashMagicのインストール

付属基板上のLPC1114のフラッシュ・メモリにプログラムを書き込むためのツールFlashMagicをメーカーのホームページからダウンロードし,インストールします.

メーカーホームページは,http://www.flashmagictool.com/ です.
LCPXpressoを使用する場合は,LPC-Link経由での書込みが行えるので,Flash Magicがなくても問題はありません.

詳細を見る

(5)LPCXpresso IDEのインストール

プロジェクトをビルドしたり,開発,デバッグを行うためのツールLPCXpresso IDE(統合開発環境)をメーカーのホームページからダウンロードし,インストールします.

ホームページは,http://lpcxpresso.code-red-tech.com/LPCXpresso/ です.

IDEをダウンロードし,アクティベーションするためには,ユーザー登録が必要です.ユーザー登録したメールアドレスにアクティベーションコードが送られてきます.
メールで送られてきたアクティベーションコードをIDEに入力することで,IDEが使えるようになります.

詳細を見る

Loading

雑誌/書籍のご購入

CQ出版WebShop 定期刊行物の年間予約購読

セミナ案内/イベント情報

オンライン・サービス

メール・マガジン「トラ技便り」配信登録 オンライン・サポート・サイト CQ connect

特設ページ

基本電子部品大事典 

トラ技ジュニアのご案内

トラ技ジュニア 先生向け実務教育応援プロジェクトのご案内

Interfaceのご案内


特設ページ「お手本! トランジスタ&定番IC 回路見本市」へのリンク