Search
   ホーム       記事サポート       ニュース       ダウンロード       読者アンケート       メルマガ       バックナンバ       CQ出版社   
 
ホーム > 記事サポート > 2011年 > トラ技ファミリ全員集合!! > 講演:プリント基板上の電源/グラウンド設計の重要性

講演概要

動作の高速化と回路の低電圧化で発しやすく受けやすいノイズを落とす
プリント基板上の電源/グラウンド設計の重要性


 昨今のパワー・システムはインテリジェント化が進んでいます.
キーとなるICやLSIは,処理の高速化にともない,動作周波数は高くなり,電源は低電圧化しています.
 これにより,プリント基板から発生するノイズや,外部ノイズによる誤動作に悩む技術者も増加しています.
 このセッションでは,プリント基板上の電源/グラウンド設計の重要性について具体例を含めて分かり易く説明します.皆さんはパスコンをどう使っているでしょうか.
 どの様に使えば良いか,誤った使い方をしていないかなど,確認の意味でこの講演をお聞き頂ければ幸いです.

<久保寺 忠>

設計により変わる磁界の出方の例

プリント基板表面の磁界を見ています.
左と右は回路は同じですが別のアートワーク設計者が設計したものです.
設計のやり方によって磁界の出方が随分かわります.
この磁界がノイズとして放出されます.



Loading

雑誌/書籍のご購入

CQ出版WebShop 定期刊行物の年間予約購読

セミナ案内/イベント情報

オンライン・サービス

メール・マガジン「トラ技便り」配信登録 オンライン・サポート・サイト CQ connect

特設ページ