Search
   ホーム       記事サポート       ニュース       ダウンロード       読者アンケート       メルマガ       バックナンバ       CQ出版社   

 

 

 

面白い製品が見つかる!
匠たちの技術が読める!
匠たちの部屋(旧ECN)
 
ホーム > ニュース

トラ技ニュース

11 14

投稿者: news
2012/11/14 9:04

 日立超LSIシステムズは,デジタル制御電源向けに,A/D変換器などの豊富なアナログ機能,8ビットCPU,デュアルDSP機能,PWMタイマなどを同一チップに集積したMixed Signal MCU MD6601を製品化し,2012年12月から出荷を開始する.

 MD6601は,アナログ関連デバイスやマイコン製品開発で培った技術をベースに,日立超LSIが開発したオリジナルマイコン.

 MD6601は,豊富なアナログおよびデジタル機能を内蔵した,デジタル制御電源用途に最適な構成を持つ8ビットマイコンで,デジタル電源の制御性能を大幅に向上させることにより出力電圧の安定性・電力効率の向上し,部品点数の削減による小型化・低コスト化を実現する.

 

特徴

  • アナログ機能として,高速10ビットA/D変換器,高精度12ビットA/D変換器,汎用オペアンプ,コンパレータ,D/A変換器などを内蔵
  • 各アナログ機能間の内部結線は,ユーザにより柔軟に変更可能
  • デジタル機能として,8ビットCPUとFLASHメモリに加え,デジタルフィルタ演算用の構成のDSP機能(Tiny DSP)2ユニット,高分解能PWMタイマ,高速データ転送用DSACなどを内蔵
  • DSP機能は,フィードバック制御の演算処理に専念し,CPUはそれ以外のシステム的な処理を並行に実行することで,電源装置全体の性能を向上させることが可能
  • パワー回路駆動のための高分解能PWMタイマを内蔵し,出力波形のデューティを周期はともに1nsの分解能で設定でき,スムーズなパワー制御が可能
  • DSACは,A/D変換器,Tiny DSP,高分解能PWMタイマなど周辺モジュール間の高速データ転送を,各種イベントをトリガにして自動実行
  • 小型のQFN 40ピンパッケージ(6mm×6mm),ピンピッチ0.5mmを採用.
  • アクティブ動作時の消費電力はデジタル部150mW,アナログ部20mWの低消費電力設計.

 

ソフトゥエア開発環境

制御用ソフトウェア開発には、統合開発環境としてCコンパイラ,アセンブラ,デバッガを用意.パソコンのUSB端子とターゲット基板を接続してFLASHメモリの書換えやデバッグを行うための専用デバッグモジュールを提供する.

 

量産と価格

 2013年2月に量産開始予定.2013年末には月産100万個を計画する.

 サンプル価格は500円を予定.

 

参考ホームページ

 Mixed Signal MCU MD6601

http://www.hitachi-ul.co.jp/device/MS_MCU/index.html

 

 


 株式会社日立超LSIシステムズ

〒185-0014 東京都国分寺市東恋ヶ窪三丁目1番地1

営業本部 営業企画部

TEL: 041-359-2210

URL: http://www.hitachi-ul.co.jp/

 

Tags:
Loading

セミナ案内/イベント情報

特設ページ

オンライン・サービス

メール・マガジン「トラ技便り」配信登録 オンライン・サポート・サイト CQ connect

雑誌/書籍のご購入

CQ出版WebShop 定期刊行物の年間予約購読

ニュース検索