Search
   ホーム       記事サポート       ニュース       ダウンロード       読者アンケート       メルマガ       バックナンバ       CQ出版社   

 

 

 

面白い製品が見つかる!
匠たちの技術が読める!
匠たちの部屋(旧ECN)
 
ホーム > ニュース

トラ技ニュース

05 25

投稿者: news
2012/05/25 8:48

 アナログ・デバイセズ社は,アナログ3軸高g MEMS加速度センサー「ADXL377」を発表した.

 ADXL377は,衝突や振動がもたらす強い衝撃の加速度を,±200gのフルスケールで,かつ信号が飽和することなく測定できる.

 この広い測定範囲と,衝撃データを連続してとらえるアナログ出力とを組み合わせたADXL377は,身体を振とうさせる激しい衝撃を検出して外傷性脳損傷(TBI)の兆候を捉えることができるため,対戦相手と接触するコンタクトスポーツに最適です.

 このMEMS加速度センサーは,帯域幅が1600Hzと広く,衝撃のレベルを綿密に監視する必要のある産業機器にも適している.

 

 さらに,3軸高g MEMS加速度センサー「ADXL377」は,「IZOD 2012・インディカー・シリーズ」のドライバー衝突安全システムに採用された.

 インディカーは,ADXL377の製品コンセプトの段階からアナログ・デバイセズと密接に連携し,協業により開発された最新の3軸高g MEMS加速度センサーによって,ドライバーが装着する連絡用イヤフォンに搭載されるセンサーをアップグレードできる.

 このセンサーを搭載した連絡用イヤフォンは,練習中やタイムトライアル,そしてレース中の衝突によってもたらされるドライバーへの衝撃の測定に用いられる.

 

ADXL377 MEMS加速度センサーの特長

3軸センシング
センシング範囲:±200g
消費電力:300μA(Typ)
単電源動作:1.8Vから3.6V
10,000g衝撃耐性
小型でかつ薄型パッケージ
帯域幅:1600Hz(産業用衝撃検出アプリケーション向き)

  

価格と供給について

製品 サンプル出荷 量産

1,000個受注

時の単価

パッケージ
ADXL377

出荷中

9月

4.79ドル

3mm×3mm×1.45mm 16ピンLFCSP

(米国での販売価格)

 

詳細情報

ADXL377   http://www.analog.com/jp/ADXL377

 

Tags:
Loading

セミナ案内/イベント情報

特設ページ

オンライン・サービス

メール・マガジン「トラ技便り」配信登録 オンライン・サポート・サイト CQ connect

雑誌/書籍のご購入

CQ出版WebShop 定期刊行物の年間予約購読

ニュース検索