Search
   ホーム       記事サポート       ニュース       ダウンロード       読者アンケート       メルマガ       バックナンバ       CQ出版社   

 

 

 

面白い製品が見つかる!
匠たちの技術が読める!
匠たちの部屋(旧ECN)
 
ホーム > ニュース

トラ技ニュース

03 01

投稿者: news
2012/03/01 15:12

 アジレント・テクノロジーはInfiniiVision 3000Xシリーズに1GHz帯域モデルを4機種追加した.

アナログ・チャネルを2または4から選べる.さらに16チャネルのディジタル・オシロ機能を追加する/しないを選択できる.

 周波数帯域が1GHzと広いにもかかわらず,上記4機種とも100万円台で提供されることが最大の特徴.

 

 同社は入門~中級機として,2000Xシリーズと3000Xシリーズをラインアップしている.2000Xは10万円~40万円の間に周波数帯域70M~200MHz,アナログ2または4,ディジタル0または8チャネルの機種をそろえる.3000Xシリーズは30万円~180万円の間に,周波数帯域100M~1GHz,アナログ2または4,ディジタル0または16チャネルの機種をそろえる.

 

 2000Xシリーズと3000Xシリーズの違いは周波数帯域だけではない.最大サンプル速度が2Gsps,4Gsps(2000X,3000X),最大メモリ長が100Kpts,2Mpts,波形更新速度が5万波形/s,100万波形/sといった違いがある.なお,今回追加された4機種のサンプル速度は5Gsps.

  同社の3000Xシリーズはこれまで,周波数帯域500MHzまでの製品が用意されていた.今回の機種追加に伴い500MHz機から1GHz機へのアップグレードが26.4万円/34.6万円で可能(2/4チャネル)なことも特徴.

 さらに8550円のオプションでディジタル・ボルト・メータの機能も追加できる.0.02mV~40Vまでの電圧,20Hz~100kHzまでの周波数を専用のハードウェアで測定する.確度は電圧が3けた,周波数が5けた.

 

■価格 1,165,751円(税抜き,DSOX3102A)

 


アジレント・テクノロジー株式会社
0120-421-345

 

Tags:
Loading

セミナ案内/イベント情報

特設ページ


 
 
 
 
 
 
 
 

基本電子部品大事典

トラ技ジュニアのご案内

 

トランジスタ技術SPECIAL

MOTORエレクトロニクス





特設ページ「お手本! トランジスタ&定番IC 回路見本市」へのリンク

オンライン・サービス

メール・マガジン「トラ技便り」配信登録 オンライン・サポート・サイト CQ connect

雑誌/書籍のご購入

CQ出版WebShop 定期刊行物の年間予約購読

ニュース検索