Search
   ホーム       記事サポート       ニュース       ダウンロード       読者アンケート       メルマガ       バックナンバ       CQ出版社   

 

 

 

面白い製品が見つかる!
匠たちの技術が読める!
匠たちの部屋(旧ECN)
 
ホーム > ニュース

トラ技ニュース

12 14

投稿者: news
2011/12/14 12:58

 株式会社ウィンドワードは,表皮抵抗,誘電損失を含んだ伝送線路のSPICEモデルを作成できる伝送線路解析プログラム「GreenExpress Professional」を開発,販売を開始した.

 新製品は,従来から販売されていた伝送線路解析ツールである「GreenExpress V2」の上位シリーズ.

 

「GreenExpress Professional」製品概要

 近年,プリント基板の回路設計を行う上では,信号配線の特性インピーダンスや伝搬遅延時間,クロストーク量などの伝送線路パラメータを事前に把握しておくことが必要である.

 その中で信号の高速化に伴い,その影響が顕著になる表皮効果と誘電損失の把握が重要.

 「GreenExpress Professional」は,信号線の周りのGND層や電源層,誘電体を含めた断面形状とサイズ,材料を基本に電磁界解析を行い,これらのパラメータを算出する.

 また,表皮効果と誘電損失を含んだ伝送線路のSPICEモデルを作成することができ,市販のSPICE系プログラムで回路シミュレーションができる.

 

「GreenExpress Professional」主な特徴

・表皮抵抗,誘電損失,特性インピーダンス,伝搬遅延時間などの解析
・電磁界マップの表示
・伝送線路のSPICEモデル作成
・導体断面形状の簡単指定
・扱える層構成:絶縁体層1~5層まで,GND層0~2層まで
・扱える絶縁体ブロック:0~10本まで
・扱える導体:信号線1~10本まで,GND線0~5本まで
・表示できる電磁界マップ:電界,磁界,誘電損失,電流

 

「GreenExpress Professional」主な仕様

GND層数 0~2層
誘電体層数 1~5層
誘電体ブロック数 0~10個
信号線本数 1~10本
GND線本数 0~5本
導体形状 正方形,長方形,台形/三角形,円,楕円,任意多角形
(GND線はパイプ状の中空形状も指定可能,これにより同軸線も解析可能)
 電磁界解析 電界,磁界,電流密度,誘電損失密度
 出力パラメータ キャパシタンス,誘電損失,
インダクタンス,直流抵抗,表皮抵抗,
導体断面積,特性インピーダンス,
差動インピーダンス,
近端クロストーク係数,伝搬モード,
伝搬モードの遅延時間,
伝播モードの特性インピーダンス
 SPICEモデル 単一信号線から複数信号線の全てのケースに対応

 

 販売価格は,1パッケージ/@115,500円(税込)~6パッケージ以上/@79,800円(税込).
 同社のホームページから購入可能.また,購入前に評価版をダウンロードしてテストできる.


株式会社ウィンドワード

〒214-0037 神奈川県川崎市多摩区西生田3-9-27 リュミエールビル506

TEL.044-953-6116

http://www.windward.co.jp

Tags:
Loading

セミナ案内/イベント情報

特設ページ

オンライン・サービス

メール・マガジン「トラ技便り」配信登録 オンライン・サポート・サイト CQ connect

雑誌/書籍のご購入

CQ出版WebShop 定期刊行物の年間予約購読

ニュース検索