Search
   ホーム       記事サポート       ニュース       ダウンロード       読者アンケート       メルマガ       バックナンバ       CQ出版社   

 

 

 

面白い製品が見つかる!
匠たちの技術が読める!
匠たちの部屋(旧ECN)
 
ホーム > ニュース

トラ技ニュース

09 29

投稿者: news
2011/09/29 15:36

 NECトーキン株式会社は,小型で高感度の表面実装タイプ焦電型赤外線センサ(以下,焦電センサ)を開発した.

 焦電センサは,人体などから発する赤外線を圧電セラミックが吸収し,その温度変化によって電荷を生じる焦電効果(パイロ効果)を利用して,人などの動きを検知するセンサ.

 焦電効果は温度変化によって誘電体の自発分極(表面電荷)が変化するため,自発分極性の高い焦電材料を開発し,高感度の焦電センサを実現した.
 また,開発の焦電材料は,鉛フリーリフローはんだづけの高温にも特性劣化しない特徴を持つ.

 

 当センサは人感センサ(人の動きを感じ取るセンサ)として人の動きを検知し,人が席を外した時にテレビやモニターを消す,照明を暗くする,人の移動に合わせてエアコンの風向を変えるといった,家電・OA機器の省エネや,生活の快適さ便利さ向上に貢献するとしている.

 

白石事業所(宮城県白石市)で11 月よりサンプル供給,平成24年2月より量産開始.

 


NECトーキン株式会社 広報宣伝グループ

〒101-8362 東京都千代田区西神田3丁目8番1号

 Tel:(03)3515-9118

URL: http://www.nec-tokin.com/

Tags:
Loading

セミナ案内/イベント情報

特設ページ

オンライン・サービス

メール・マガジン「トラ技便り」配信登録 オンライン・サポート・サイト CQ connect

雑誌/書籍のご購入

CQ出版WebShop 定期刊行物の年間予約購読

ニュース検索