Search
   ホーム       記事サポート       ニュース       ダウンロード       読者アンケート       メルマガ       バックナンバ       CQ出版社   

 

 

 

面白い製品が見つかる!
匠たちの技術が読める!
匠たちの部屋(旧ECN)
 
ホーム > ニュース

トラ技ニュース

09 26

投稿者: news
2011/09/26 15:47

 アナログ・デバイセズ社は,自動車の姿勢制御機能,ロールオーバー検出,縦揺れ検出アプリケーション向けに,卓越した衝撃と振動耐性を持つ「ADXRS800 iMEMSR」ジャイロスコープを発表した.

 ADXRS800は,特許技術であるクワッドビーム・アーキテクチャが特長で,自動車用安全アプリケーション向けの認定を受け,高い衝撃と振動耐性を実現した車載グレードのジャイロ・センサー.

 ADXRS800は連続セルフテスト・アーキテクチャを持ち,プロセッサー側での故障検出アルゴリズムを簡略化出来,故障検出機能を迅速に搭載できる.

 連続セルフテスト機能を製品の動作中に行う事が可能で,常にジャイロ出力信号の妥当性を確認できる.

 ADXRS800は,キャビティ・プラスチックSOIC-16パッケージ(Z軸)およびSMT互換の垂直実装パッケージ(X軸)で提供され,動作温度範囲は-40°Cから+125°C.

 

ADXRS800 iMEMSジャイロスコープの主な特長

  •  独自のクワッド・センサー技術により,広い周波数範囲にわたって高い振動と衝撃耐性を実現
  •  80LSB/°/秒の高分解能で±300°/秒の測定範囲
  •  消費電力(電流)はわずか6mA
  •  オフセット誤差が非常に小さく,全動作温度および製品寿命にわたって最大3°/秒
  •  低ノイズ:ノイズ密度は+105°Cで0.02°/秒/√Hz
  •  自動車アプリケーション向け認定済み
  • 詳細情報は,http://www.analog.com/jp/ADXRS800

    製品はすでに出荷中.価格は1000個時で$50から.


    アナログ・デバイセズ株式会社 広報・宣伝部
    TEL:03-5402-8270
    http://www.analog.com/jp/

    Tags:
    Loading

    セミナ案内/イベント情報

    特設ページ

    オンライン・サービス

    メール・マガジン「トラ技便り」配信登録 オンライン・サポート・サイト CQ connect

    雑誌/書籍のご購入

    CQ出版WebShop 定期刊行物の年間予約購読

    ニュース検索