Search
   ホーム       記事サポート       ニュース       ダウンロード       読者アンケート       メルマガ       バックナンバ       CQ出版社   

 

 

 

面白い製品が見つかる!
匠たちの技術が読める!
匠たちの部屋(旧ECN)
 
ホーム > ニュース

トラ技ニュース

07 24

投稿者: news
2009/07/24 12:23

ロームは,CCDカメラ・モジュール用電源IC BD8676KNを発売した.画像処理ICのI/O電源とコア電源,CCDイメージ・センサ用の正負電源の計4回路を1チップにまとめたICで,パワーMOSFETや位相補償回路,期間抵抗を内蔵しており,外付け部品も少ないためモジュールの小型化に有効である.また,立ち上がりシーケンス制御回路を内蔵しており,煩雑なタイミング設計は不要である.

I/O電源とコア電源用に,同期整流式の降圧DC-DCコンバータを2回路内蔵する.I/O電源は出力電圧3.3V,出力電流150mAである.コア電源は出力電圧1.2V,出力電流150mAである.CCDイメージ・センサ用の正負電源は昇圧DC-DCコンバータやチャージ・ポンプとLDOを組み合わせた構成で,低ノイズ/低消費電力化している.正電源は15V/15mA,負電源は-5.5V/-5mAである.4回路全出力時の効率は80%以上である.スイッチング周波数は500k~1.2MHzで,外付け抵抗で可変できる.出力電圧精度は±2%である.保護回路として,出力電圧異常検出や異常時オフラッチ機能,サーマル・シャットダウン,起動不良検出などを内蔵する.

入力電圧範囲は4.5~9V(最大定格18V),動作温度範囲は-40~85℃,パッケージは36ピンVQFNである.サンプル価格は1,000円である.

ローム(株) 広報IR室
〒615-8585 京都市右京区西院溝崎町21
Tel:(075)311-2121
http://www.rohm.co.jp/

Tags:
Loading

セミナ案内/イベント情報

特設ページ

オンライン・サービス

メール・マガジン「トラ技便り」配信登録 オンライン・サポート・サイト CQ connect

雑誌/書籍のご購入

CQ出版WebShop 定期刊行物の年間予約購読

ニュース検索