Search

 

 

 

面白い製品が見つかる!
匠たちの技術が読める!
匠たちの部屋(旧ECN)
 
ホーム > 記事サポート > 2014年 > PC接続DSD録再実験キット > DSD録再実験キット 録音

DSD録再実験キット 録音

 OSによって,使用する録音ソフトウェアが異なりますので,個別に説明します.入力レベルは,ボリュームを右に回しきったとき2Vp-pです.

Windows
●接続順序
 電源を切った状態で,メイン基板上のSW1のショート・ピンを開放します.
 ライン入力端子に音源をつなぎます.メイン基板正面から見て左がR,右がLです.入力端子の左にあるボリュームは2/3付近にしておきます.
 DC5Vの電源をつなぎます.
 USBマイクロのケーブルでパソコンとLPC4330-Xplorerマイコン基板のUSB0をつなぎます.
 システム環境設定のサウンドに「LPC4330 1bit Audio UAC1」の名称が出ていることを確認します.
 録音時,録音コマンドを実行すると,ライン出力に録音のモニタ音が出ていますので,ヘッドホンなどをつないで,音量レベルを確認できます.本システムにはVUメータはついていません.

●用意するもの
 Windows用の録音コマンドはCQRec.exeです.
 CD-RからCQRec.zipをパソコンにコピーします.zipファイルを展開すると,フォルダの中にCQRec.exeファイルとlibCQRec.dllファイルが出てきます.CQRec.exeファイルをダブルクリックして実行します.
  画面上の『Rec』ボタンを押すと,録音が始まります.『Stop』ボタンで録音終了です.録音したファイルは,デスクトップに『cqrec.dff』のファイル名(dff形式.2.8MHz)でセーブされます.ファイル名は固定ですので,連続して録音するときは上書きされます.ファイル名を変更するか,別のフォルダに移しておいてください.
 
Mac OS X
●接続順序
 電源を切った状態で,メイン基板上のSW1のショート・ピンをショート端子でショートします.
 ライン入力端子に音源をつなぎます.メイン基板正面から見て左がR,右がLです.入力端子の左にあるボリュームは2/3付近にしておきます.
 DC5Vの電源をつなぎます.
 USBマイクロのケーブルで,パソコンとLPC4330-Xplorerマイコン基板のUSB0をつなぎます.
 システム環境設定のサウンドに「LPC4330 1bit Audio」の名称が出ていることを確認します.
 録音時,録音コマンドを実行すると,ライン出力に録音のモニタ音が出ていますので,ヘッドホンなどをつないで,音量レベルを確認できます.本システムにはVUメータはついていません.

●用意するもの
 Mac OS X用の録音コマンドはdoprecです.ターミナルから使用する,CUIコマンドです.
 使い方は,

./doprec --record サンプリング周波数 セーブするファイル名

です.実行前に実行権を管理者モードで付けておきます.
 ファイルのあるディレクトリにcdコマンドを使って移動して,

$ sudo chmod 755 ./doprec
(初めての時はユーザのパスワードが求められる)

 2.8Mで録音するときは,下記のコマンドを実行します.

$ ./doprec --record 176400 ファイル名

数秒待ち,CTRL-Q(CTRLキーとQキーを同時に押す)で録音が初まります.CTRL-Sで録音終了です.
 同様に,5.6Mと11.2Mは下記のようになります.

$ ./doprec --record 352800 ファイル名
$ ./doprec --record 705600 ファイル名

 起動用のシェル・スクリプトも用意ました.2.8MHzのΔΣを録音するには, binの中にcdコマンドを使って移動し ./rec2M.shに録音ファイル名を引数として実行してください.

$ ./rec2M.sh ファイル名

 サンプリング周波数別にrec5M.shとrec11M.shも用意してあります.

Linux Ubuntu12.04
●接続順序
 電源を切った状態で,メイン基板上のSW1のショート・ピンをショート端子でショートします.
 ライン入力端子に音源をつなぎます.メイン基板正面から見て左がR,右がLです.入力端子の左にあるボリュームは2/3付近にしておきます.
 DC5Vの電源をつなぎます.
 USBマイクロのケーブルで,パソコンとLPC4330-Xplorerマイコン基板のUSB0をつなぎます.
 システム設定のサウンドに「LPC4330 1bit Audio」の名称が出ていることを確認します.
 録音時,録音コマンドを実行すると,ライン出力に録音のモニタ音が出ていますので,ヘッドホンなどをつないで,音量レベルを確認できます.本システムにはVUメータはついていません.

●用意するもの
 LinuxのALSA(サウンド関係のカーネル・ドライバ)にはバグがあります.録音する前に,CD-Rの中のlinux-source-3.2.0.patchファイルに用意したパッチをALSAドライバにあててください.

Linux用の録音コマンドはdoprecです.ターミナルから使用する,CUIコマンドです.
 使い方は,

./doprec --record サンプリング周波数 セーブするファイル名

です.実行前に実行権を付けておきます.
 ファイルのあるディレクトリに移動して,

$ chmod 755 ./doprec

 2.8Mで録音するときは,下記のコマンドを実行します.

$ ./doprec --record 176400 ファイル名

数秒待ち,CTRL-Q(CTRLキーとQキーを同時に押す)で録音が始まります.CTRL-Sで録音終了です.
 同様に,5.6Mと11.2Mは下記のようになります.

$ ./doprec --record 352800 ファイル名
$ ./doprec --record 705600 ファイル名

 起動用のシェル・スクリプトも用意ました.2.8MHzのΔΣを録音するには, ./rec2M.shにファイル名を引数として実行してください.

$ ./rec2M.sh  ファイル名

 サンプリング周波数別にrec5M.shとrec11M.shも用意してあります.

-----
・アプリケーションの動作は,開発時に最新のアップデートをあてたOSで確認しています.しかし,今後のOSアップデートによりアプリケーションの動作が変わってしまう可能性があります.
・録音/再生アプリケーションは,参考としてフリー・ソフトウェアとして公開しているものを収録しています.キットの価格には含まれないので,アプリケーションのサポートはありません.アプリケーションの著作権は,作者が保有しています.

Copyright (c) 2014 All rights reserved.  Hiroshi Nakata,Yuzo Nakagawa
Loading

雑誌/書籍のご購入

CQ出版WebShop 定期刊行物の年間予約購読

セミナ案内/イベント情報

オンライン・サービス

メール・マガジン「トラ技便り」配信登録 オンライン・サポート・サイト CQ connect

特設ページ

基本電子部品大事典 

トラ技ジュニアのご案内

トラ技ジュニア 先生向け実務教育応援プロジェクトのご案内

Interfaceのご案内


特設ページ「お手本! トランジスタ&定番IC 回路見本市」へのリンク