Search

 

 

 

面白い製品が見つかる!
匠たちの技術が読める!
匠たちの部屋(旧ECN)
 
ホーム > 記事サポート > 2012年 > 「超お手軽無線モジュールXBee」お役立ちページ > xbp1.exeが動かない

1.付属CD-ROM収録のxbp1.exeで[P1 L],[P1 H],[IS]をクリックしても,エラーメッセージ「COM OPEN ERROR: 2 」が表示されて動作しない.

●症状

付属CD-ROM収録のxbp1.exeで[P1 L],[P1 H],[IS]をクリックすると,次のエラー・メッセージが出る

 

 

●解決方法 

(1)COMポート番号が正常に入力されていることを確認してください(半角数字1~9まで)

 

(2)COMポート番号が10以上の場合,COMポート番号を1~9に変更してください(方法を後述).

 

(3)USBケーブルを交換してみてください

 

(4)USBハブを使っていた場合は,USBハブを除いてXBee-USBインターフェース基板を直接パソコンにつないでみてください

 

(5)USBのトータル電流をオーバーしていないか確認してください
 例えば,USBハードディスクなど,動作電流の大きいデバイスを外してみてください

 

COMポート番号の変更方法

 xbp1.exeは開発ツールの仕様上,10以上のCOMポート番号に対応していません.
 通常,COMポート番号は自動的に割り当てられるので10以上の番号が割り当てられている場合は次の手順で再設定する必要があります.

 
1.エクスプローラを開き,マイ コンピュータを右クリックし 「プロパティ(R)」を選択する

 

2.「システムのプロパティ」中の「ハードウェア」タブを選択する

 

3.「デバイスマネージャー(D)」ボタンをクリック

 

4.「ポート(COMとLPT)」で「Silicon Labs CP210x USB to UART Bridge(COM #)」を確認する(#はポート番号)
  デバイス名を右クリックし「プロパティ(R)」を選択する

 

5.「ポートの設定」タブをクリック

 

6.「詳細設定」ボタンをクリック

 

7.「COMポート番号(P)」のプルダウンメニューで(使用中)でない1けたの番号を選択する

 

8.[OK]をクリックして「デバイスマネージャー」に戻る

 

9.「ポート(COMとLPT)」で「Silicon Labs CP210x USB to UART Bridge(COM #)」を右クリックし「ハードウェアの変更スキャン(A)」を選択する

 

10.COMポート番号の変更結果を確認する
  「Silicon Labs CP210x USB to UART Bridge(COM #)」の#が1けたの変更した値になっているか確認


11.「デバイスマネージャー」を閉じる

 

12.エラーの発生状況によってはCOMポート番号を変更しただけではXBee-USBインターフェース基板が正常に認識されない場合があるので,その場合はパソコンを再起動する

Loading

雑誌/書籍のご購入

CQ出版WebShop 定期刊行物の年間予約購読

セミナ案内/イベント情報

オンライン・サービス

メール・マガジン「トラ技便り」配信登録 オンライン・サポート・サイト CQ connect

特設ページ


基本電子部品大事典 

トラ技ジュニアのご案内

トラ技ジュニア 先生向け実務教育応援プロジェクトのご案内

Interfaceのご案内


特設ページ「お手本! トランジスタ&定番IC 回路見本市」へのリンク