Search
 
ホーム > 記事サポート > 2010年 > [連載] 電気で農業と農村生活を快適に > 第6回 測定温度を無線で伝送する装置(後編) [2010年1月号]

12月号 連載「電気で農業と農村生活を快適に」第6回

第6回 測定温度を無線で伝送する装置(後編)

このページでは,本誌で掲載した写真をカラーでご覧いただけます.それぞれの写真をクリックすると,別ウィンドウで拡大表示します.



写真6-1 複数の温度計をビニルハウス内部に設置し温度を均一にしたい
かんきつ類を栽培するビニルハウス.九州の名産「デコポン」はお歳暮の人気アイテム



写真6-2 温度表示器の外観
左上のLEDは,信号を受信していることを示す



写真6-3 温度表示器の基板(部品面)
受信回路とマイコンを隣接させても妨害は入らない



写真6-4 製作した温度測定・伝送装置および温度表示器



写真6-5 ビニルハウスに設置した4個の温度測定器
温度測定器の間隔は15mである



写真6-6 ビニルハウスに設けた暖房機
左は重油タンク,右の煙突が出たものが温風ボイラ



写真6-7 水田の水位計に応用した無線伝送システム
15mおきにポールを立てると自宅まで伝送できる

著作権

収録したデータの著作権は,著作権者(すなわち筆者)にあります.
Copyright (C) 2009  Masayoshi Urushidani
Loading

セミナ案内/イベント情報

特設ページ

オンライン・サービス

メール・マガジン「トラ技便り」配信登録 オンライン・サポート・サイト CQ connect

雑誌/書籍のご購入

CQ出版WebShop 定期刊行物の年間予約購読