Search
 
ホーム > 記事サポート > 2008年 > 08月号 特集「USBマイコンによるI/O制御入門」 > FAQ003:倒立振子のプログラムのコンパイルでエラーが発生する

FAQ003:倒立振子のプログラムのコンパイルでエラーが発生する

本誌2008年8月号特集第6章では,倒立振子を製作しています.この記事に関連して,USBマイコンのプログラム・ソースをダウンロード・サービスで提供しております.

しかし,この倒立振子のプログラム・ソースを本誌2008年8月号p.143に書かれている手順でコンパイルすると,エラーになり,正常なhexファイルが得られません.

エラーの原因は,このプログラム・ソースをコンパイルするには標準ライブラリ(p.150参照)が必要なのに,p.143の手順では標準ライブラリを使わないように設定しているためです.本誌ではこの点について書かれておりませんでした.

標準ライブラリを使用するために必要な作業は,本誌p.150に記述されている以下の2点です.
  1. コンパイラ・オプションで標準ライブラリを使用するよう設定する
  2. RAMApp.drまたはROMApp.drを標準ライブラリを使用するのにあわせて編集する
ただし,FAQ001にあるように,CommonフォルダのRAMApp.drとROMApp.drは,標準ライブラリを使用する状態のもの(#によるコメントアウトがないもの)です.
そのため,Commonフォルダのファイルをコピーして使う場合は,上記1の作業だけですみます.

2008/10/27 公開
Copyright (C) 2008. Tokushu Denshi Kairo Inc. All Rights Reserved.
Copyright (C) 2008. CQ Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.
Loading

セミナ案内/イベント情報

特設ページ

オンライン・サービス

メール・マガジン「トラ技便り」配信登録 オンライン・サポート・サイト CQ connect

雑誌/書籍のご購入

CQ出版WebShop 定期刊行物の年間予約購読