Search

 

 

 

面白い製品が見つかる!
匠たちの技術が読める!
匠たちの部屋(旧ECN)
 
ホーム > ニュース

トラ技ニュース

名前: news 作成日: 2008/09/07 1:12
エレクトロニクス関連の新製品情報や業界動向,イベント情報などを提供します.

投稿者: news 投稿日: 2012/02/29 13:57

 アナログ・デバイセズ社は,スマート・センサーや工場自動化装置などのプロセス・コントロール・アプリケーションにおいてHART(Highway Addressable Remote Transducer)通信を実現するHARTモデムIC「AD5700」を発表した.

 AD5700 HARTモデムICは,HART通信プロトコルに完全準拠しており,ノイズの多い過酷な産業用環境で,HART通信信号を正確にエンコーディングおよびデコーディングすることができ,信頼性の高い通信インターフェースを保証する.

詳細...
投稿者: news 投稿日: 2012/02/29 8:42

 ローデ・シュワルツは,サンプリング・レート20G,周波数帯域4GHzのディジタル・オシロスコープR&S RTO1044を発売した.

 1.6Gbpsのデータ・レートまたは800MHzまでの高速クロックを扱うディジタル・インターフェースにおいて,高速信号や速い立ち上がり時間の信号を観測するのに向くとする.

詳細...
投稿者: news 投稿日: 2012/02/28 8:29

 おんどとりのブランド名でおなじみのデータロガーメーカである株式会社ティアンドデイは,「TR-55iシリーズ」を製品化し,「おんどとりJr. グループ」として販売を開始した.

 新シリーズは熱電対対応タイプ,Pt100/Pt1000対応タイプ,電圧対応タイプ,4-20mA対応タイプ,パルス数対応タイプの5機種.

 ロガー本体は防水仕様で,-40℃~80℃までの環境下で使用でき,電池駆動のため設置場所を選ばない.記録したデータはパソコンに収集し,グラフ表示,データ解析が可能.

詳細...
投稿者: news 投稿日: 2012/02/22 16:05

アナログ・デバイセズ株式会社は,同社の正規販売代理店である富士エレクトロニクス㈱と協力し「アナログ技術セミナー」を4月5日に初めて広島県で開催する.

アナログ技術セミナーは,アナログ回路設計の基礎技術のノウハウを習得してもらうことを目的に開催している.アナログ・デバイセズの技術者が講師を務め,アナログ回路設計の基礎技術を丁寧に解説するのが特徴.

今年は,大都市部における開催に加えて,出張費などの負担が大きくて,これまで参加したくても出来なかったエンジニアが多く集まれる大都市以外の地域での開催も予定している.

詳細...
投稿者: news 投稿日: 2012/02/21 10:44

 アジレント・テクノロジーは,持ち運びに適したディジタル・オシロスコープを発売した.

 入力は絶縁された2チャネルで,帯域幅200MHz,1Gサンプル/sである.

 合計2Mポイントのメモリを内蔵する.表示画面は5.7インチ640×480の液晶で,屋外でも見やすい半透過型を採用している.

 USB2.0ポートを持ち,波形データを画像またはCSV形式のデータで保存できる.ディジタル・マルチ・メータ機能も内蔵する.

詳細...
投稿者: news 投稿日: 2012/02/16 20:00

 アナログ・デバイセズ社は,RF設計ツール「ADIsimRF(TM)」の新バージョン「ADIsimRF Version 1.6」を発表した.

 様々な機能強化に加え,29の新しいRF製品とデータ・コンバータ製品を追加した.

 この最新バージョンは,他の設計ツールと同様,アナログ・デバイセズ社のウェブサイトから無償提供される.

詳細...
投稿者: news 投稿日: 2012/02/15 16:48

 ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社は,2012年1 月31 日から,HAMEG(ハメグ) ブランドの計測器をローデ・シュワルツ・ブランドとして取り扱うことを発表した.

 それに伴い、ブランド・ロゴを双方の名前の入ったものに変更する.

これによりHAMEG ブランドのさらなる認知度の強化と、国内外のマーケットにおける成長を目指すとしている.

詳細...
投稿者: news 投稿日: 2012/02/06 14:31

 ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社は,ドライブテスト・ソフトウェアR&S ROMES4.65にLTE対応のMIMO評価機能追加を発表した.

 ハイエンド無線ネットワーク・スキャナR&S TSMWと組み合わせて使用することで,LTEネットワークにおけるMIMOのパフォーマンス低下を引き起こす干渉状況を素早く簡単に特定することが可能となる.

 これによりネットワーク・オペレータはMIMOパフォーマンスを含めたカバレッジ試験を効率よく行えるようになる.

詳細...
投稿者: news 投稿日: 2012/02/01 8:16

 ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社は,2012年2月1日から日本国内で購入した新製品に対して,3年間のフリー・メンテナンス・サービス(3年間の修理保証および校正サービスの無償提供)を開始する.

 計測器業界において,複数年の修理保証だけでなく,校正サービスも含めて無償提供するのはローデ・シュワルツが初めて(*1).これにより,製品購入後の3年間はメンテナンス費用がゼロになる.

(*1):ローデ・シュワルツ調べ

詳細...
Loading

セミナ案内/イベント情報

特設ページ


基本電子部品大事典 

トラ技ジュニアのご案内

トラ技ジュニア 先生向け実務教育応援プロジェクトのご案内

Interfaceのご案内


特設ページ「お手本! トランジスタ&定番IC 回路見本市」へのリンク

オンライン・サービス

メール・マガジン「トラ技便り」配信登録 オンライン・サポート・サイト CQ connect

雑誌/書籍のご購入

CQ出版WebShop 定期刊行物の年間予約購読

ニュース検索