Search

 

 

 

面白い製品が見つかる!
匠たちの技術が読める!
匠たちの部屋(旧ECN)
 
ホーム > ニュース

トラ技ニュース

名前: news 作成日: 2008/09/07 1:12
エレクトロニクス関連の新製品情報や業界動向,イベント情報などを提供します.

投稿者: news 投稿日: 2011/10/31 7:59

 ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社は,ベクトル・ネットワーク・アナライザR&S ZNBシリーズ 4ポートモデルの販売を開始した.

 R&S ZNB 4ポートモデルは,周波数範囲9 kHzから4.5 GHzまたは8.5 GHzまでをカバーし,平衡SWAフィルタ,スプリッタ,そしてデュプレクサなど,様々なマルチポート・デバイス測定に対応する.

 クラス最高レベルの140 dBのダイナミックレンジ,+13 dBmの出力パワー,そして4 ms (401ポイント測定) の驚異的な測定スピードを実現した.

詳細...
投稿者: news 投稿日: 2011/10/26 9:00

 株式会社図研は,次世代電子機器設計プラットフォーム「CR-8000 シリーズ」を初公開し,その核である次世代マルチボードプリント基板設計システム「Design Force」の世界同時販売開始を発表した.

 「Design Force」は,次世代電子機器設計プラットフォーム「CR-8000 シリーズ」の核として,マルチCPU やマルチスレッドなど最新のハードウェア技術や3 次元グラフィックス技術,タッチパッド操作の採用により設計者にストレスをかけない直感的でスムースな操作を実現している.

詳細...
投稿者: news 投稿日: 2011/10/20 14:10

東京エレクトロン デバイス株式会社は,アナログ回路シミュレータLTspiceの実習セミナーを学生向けに開催する. 受講料は無料.

「LTspice Ⅳ」は、リニアテクノロジー社が無償で提供しているアナログ回路シミュレータ. 本セミナーでは「LTspice Ⅳ」の紹介から基本的な使い方を実習形式で学ぶことができる.

詳細...
投稿者: news 投稿日: 2011/10/20 11:16

 ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社は,オーディオ・アナライザR&S UPP200/400/800のコンシューマ向け追加オプションとしてHDMI 1.4aをサポートするデジタルI/Fならびに解析ソフトウェアオプションをリリースする.

 ローデ・シュワルツのオーディオ・アナライザは,プロ用オーディオ市場で使用されてきたが,コンシューマ向けAV市場に本格的に参入する.

詳細...
投稿者: news 投稿日: 2011/10/20 7:42

 アジレント・テクノロジー株式会社は,工場やビルなどに施設されているケーブルの電流値を測定できるクランプメータU1190シリーズを発売した.

 密集するケーブルの中から,目的のケーブルをつかむのに便利な「くちばし型」のクランプをもつ.

 さらにLEDライトや非接触AC電圧検出機能をもつことで,現場での利便性を高めた.

詳細...
投稿者: news 投稿日: 2011/10/20 6:55

 アジレント・テクノロジー株式会社は,工業用ディジタル・マルチメータU1273Aを発売した.

 「U1273A 工業用マルチメータ」は,OLED(有機発光ダイオード)をディスプレイに採用し,視認性を高めている.

 暗くても,遠くからでも,斜めからでも,確実に数値を認識することが可能.

 手にフィットする「くびれ」デザインの筺体と,グローブを付けたままでも操作可能な大きなボタンを採用している.

詳細...
投稿者: news 投稿日: 2011/10/17 11:16

  株式会社図研(以下,図研)は,インテル組込み機器向け製品搭載回路レビューの期間短縮を目的として,図研のEDA ソリューション上で直接上記レビューに必要なデータフォーマットを出力するモジュール(EDIF writer for Intel Schematic Review)を開発した.

 このモジュールを使うことにより,インテル組込み機器向け製品を開発している図研ユーザは,迅速にレビュー結果を入手することが可能になる.

詳細...
投稿者: news 投稿日: 2011/10/13 7:59

 パシコ貿易株式会社は,米国 MEAS 社製の超高感度傾斜スイッチ NS-10/G を発売する.

 NS-10/G は,マイクロコントロールを応用した製品で超高感度,高精度の傾斜スイッチ.

 温度変化にも影響を受けず計測が可能でしかも超高感度なため,わずかな傾斜を感知する事ができ,高層ビルやあらゆる建造物の監視や建設機械の監視や事故防止など,自然災害を含め幅広い分野での活躍を期待.

詳細...
投稿者: news 投稿日: 2011/10/12 9:04

  株式会社アドバンスドナレッジ研究所は,実際の電子機器部品を配置するのと同じ感覚で,機器や実装部品の温度を予測するシミュレーション・ソフトを開発した.

 電子機器筐体内の空気の流れや,熱的に危険な部品の予測や排気ファン,筐体開口部の位置による部品温度の変化などをビジュアルに確認でき,熱流体解析の専門知識を持たない設計技術者でも比較的容易に放熱設計の検討を行うことを可能にした.

詳細...
Loading

セミナ案内/イベント情報

特設ページ


基本電子部品大事典 

トラ技ジュニアのご案内

トラ技ジュニア 先生向け実務教育応援プロジェクトのご案内

Interfaceのご案内


特設ページ「お手本! トランジスタ&定番IC 回路見本市」へのリンク

オンライン・サービス

メール・マガジン「トラ技便り」配信登録 オンライン・サポート・サイト CQ connect

雑誌/書籍のご購入

CQ出版WebShop 定期刊行物の年間予約購読

ニュース検索