Search

 

 

 

面白い製品が見つかる!
匠たちの技術が読める!
匠たちの部屋(旧ECN)
 
ホーム > ニュース

トラ技ニュース

名前: news 作成日: 2008/09/07 1:12
エレクトロニクス関連の新製品情報や業界動向,イベント情報などを提供します.

投稿者: news 投稿日: 2009/02/26 9:00
三洋半導体は,8ビット・マイコン LC87F1L16Aを発売する.同社の8ビット少ピン・マイコン“Easy Micon”シリーズに属し,フルスピード(12Mbps)対応のUSBホスト機能を2ポート備える.USB対応充電器や小容量のデータを取り扱うUSB組み込みホスト・システムに向く.外付けHUBなしで2ポートのUSBホストを利用できるため,部品点数を削減できる.サンプル出荷は2009年4月からである. 詳細...
投稿者: news 投稿日: 2009/02/24 13:30
NECエレクトロニクスは,Ethernet機能内蔵の32ビット・フラッシュ・マイコン V850ES/JH3-EシリーズとV850ES/JJ3-Eシリーズを発売する.サンプル出荷は2009年4月の予定である.CPUコアは32ビットRISCのV850ESで,メイン・クロックは24M~50MHz,処理能力は103MIPS(50MHz動作時,Dhrystone 1.1での測定値)である.IEEE802.3準拠の10/100Base-T対応Ethernet MACを1チャネル備えており,産業機器やビル管理システムなど遠隔制御や監視用途に向く.また,USB2.0フルスピード対応のUSBファンクション・コントローラ1チャネルを備える. 詳細...
投稿者: news 投稿日: 2009/02/20 12:00
アルプス電気はプッシュ・スイッチ SPEGシリーズを発売した.指を離すと初期位置に戻るモーメンタリ・タイプで,チップLEDなどを配置できる穴がスイッチ中央に開いており,操作部の文字や記号が光るバックライト型のボタンに適している.スイッチ中央に光源を配置できるため,スイッチとLEDを横並びに配置する場合と比べて均一な照光が可能である. 詳細...
投稿者: news 投稿日: 2009/02/18 12:30
STマイクロエレクトロニクスは,シリコン・カーバイト(SiC)を使ったショットキー・バリア・ダイオード STPSC806D/STPSC1006Dを発売した.ピーク繰り返し逆電圧(VRRM )は600Vで,平均順電流(IF (AV))は8A(STPSC806D),または10A(STPSC1006D)である.SiCショットキー・バリア・ダイオードは順方向導通期間に逆回復電荷が蓄積されず逆回復電流が流れないため,スイッチング損失を低減できる.太陽光発電やサーバ/通信機器用電源,モータ制御などに適する. 詳細...
投稿者: news 投稿日: 2009/02/13 13:00
コンテックは,USB接続のディジタル入出力ユニット DIO-1616LX-USBとDIO-3232LX-USBを発売する.DIO-1616LX-USBは入力16チャネル,出力16チャネル,DIO-3232LX-USBは入力32チャネル,出力32チャネルを備える.入出力ともフォト・カプラで絶縁されており,入力には信号の誤認識を防ぐディジタル・フィルタ機能を,出力にはサージ保護用のツェナ・ダイオードと過電流保護用のポリスイッチを備える. 詳細...
投稿者: news 投稿日: 2009/02/12 15:30
ルビコンは,アルミ電解コンデンサ QXWシリーズとCXWシリーズを発売した.実装高制限が厳しいアプリケーションにおいて寝かせて実装する場合を考慮して,外形寸法をφ10×30mm~φ18×50mmと小径化した.また,小径化に伴う容量減を補うため長身化している.各種電源の1次側コンデンサに向く製品で,定格電圧は400/420/450VDCの3タイプ,静電容量は27μ~220μF(QXWシリーズ),または33μ~220μF(CXWシリーズ)である. 詳細...
投稿者: news 投稿日: 2009/02/10 12:15
マキシム・ジャパンはD-AコンバータMAX5134/5135/5136/5137を発売した.分解能はMAX5134/5136が16ビット,MAX5135/5137が12ビットである.また,チャネル数はMAX5134/5135が4チャネル,MAX5136/5137が2チャネルである.いずれもピン互換,ソフトウェア互換で,デバイスを置き換えるだけで分解能やチャネル数を変更できる. 詳細...
投稿者: news 投稿日: 2009/02/06 13:15
ビシェイジャパンは,PINフォト・ダイオード TEMD6200FX01を発売した.周囲光センサとして使用できる製品で,人間の目に近いスペクトラム感度特性をもたせており,可視光以外に対する感度を最小にしている.車載向けディスクリート部品のストレス試験規格であるAEC-Q101の認定も受けており,スイッチのイルミネーションや液晶ディスプレイの輝度制御などの用途に適する. 詳細...
投稿者: news 投稿日: 2009/02/05 18:30
マクニカ クラビスカンパニーは,米国SiTime社のプログラマブル発振器 SiT8003/8003XT/8033を扱う.MEMS技術を使ったシリコン発振子を使用しており,消費電力が動作時3.5mAtyp,スタンバイ時10μA(いずれもVDD =2.5~3.3V,f =20MHz,無負荷時)と低いのが特徴である.プログラマブル・デバイスであるため,サンプルは24時間以内,量産用は2週間以内で出荷可能としている.サンプル出荷は2009年2月中旬,量産向け出荷は2009年3月下旬の予定である. 詳細...
Loading

セミナ案内/イベント情報

特設ページ


基本電子部品大事典 

トラ技ジュニアのご案内

トラ技ジュニア 先生向け実務教育応援プロジェクトのご案内

Interfaceのご案内


特設ページ「お手本! トランジスタ&定番IC 回路見本市」へのリンク

オンライン・サービス

メール・マガジン「トラ技便り」配信登録 オンライン・サポート・サイト CQ connect

雑誌/書籍のご購入

CQ出版WebShop 定期刊行物の年間予約購読

ニュース検索