進化を続けられるプログラマになるための基本を伝授
トラ技先生 応援プロジェクト第3弾!
最新ARMマイコン実験環境mbed体験セミナ 

編集部

 

 トラ技ジュニア編集部では,トラ技ジュニアを配布してくださっている先生方に日ごろの感謝をこめまして,「トラ技先生 応援プロジェクト」を企画しております.
 プロジェクト第3弾として,最新ARMマイコン実験環境mbed体験セミナを開催いたします.

 

本セミナで体験できるARMマイコン基板とI2C実験基板
本セミナで体験できるARMマイコン基板とI2C実験基板
 「トラ技mbedエントリ・キット」を使用します(写真左の基板).キットの詳細はこちら
I2C実験基板(写真右)には,液晶ディスプレイと気圧センサをはんだ付けして動
かす予定です(写真よりも実装部品の数を減らす).あらかじめご了承ください.
 

 

『最新ARMマイコン実験環境mbed体験セミナ』 概要


日時

2015年3月23日(月)10:00〜17:00
             (17:00から1時間半程度の懇親会を予定)

場所

CQ出版社 セミナ・ルーム(東京都豊島区巣鴨1-14-2 炭七ビル1階) [地図]

講義内容

 多くのメーカが即戦力の組み込みエンジニアを求めていますが,この要求に応えられている教育機関は多くありません.理由は,実務に役立つ教育コンテンツがほとんどないということだけでなく,回路技術/プログラミング/制御など幅広い技術分野を1,2年の短時間で網羅する必要があり,一つ一つが手薄にならざるを得ないからかもしれません.
 本セミナでは,現場で通用し成長を続けられる組み込みエンジニアになるために必要なマイコン・プログラミングの要点を伝授します.午前中は,世界の定番ARMマイコンの最新開発環境mbedの実験キットを組み立てて動かします.午後は,実践的なマイコン・プログラミングができるようになるために必要な知識を説明します.

講師

小野寺 康幸氏

受講料金

5,000円(税込) ※当日支払い.実習に使った書籍,基板を持ち帰れます.
            懇親会への参加費用も含まれております.

対象

トラ技ジュニアを配布してくださっている先生方 (学生の方はご遠慮ください)
募集人数:10名

※事前にmbed.orgでユーザ登録をお願いします(http://developer.mbed.org/の右上ボタンから).
※はんだ付け作業があります.

※同じ学校から複数の先生のお申し込みがあった場合には,調整させていただく可能性があります.

応募方法

こちらのウェブ・ページよりお申し込みください.
https://cc.cqpub.co.jp/system/enquete_entry/413/
※満席となりましたので,受付はいったん締め切らせていただいております.
キャンセル待ちを希望される方は,ご登録をお願いいたします.


応募期間:2015年3月2日(月)〜2015年3月18日(水)

※トラ技ジュニアを申し込まれていない方のご応募はご遠慮ください.

※定員に達した時点で締め切らせていただきます.お申し込みはお早めに!

お問い合わせ先

 TEL: 03-5395-2120
 E-mail:  seminar@cqpub.co.jp (担当:佐藤)

 

 

 トップページに戻る